株式会社イマジネネイション・プラス

株式会社イマジネネイション・プラス

会社紹介

株式会社イマジネイション・プラスは、乙部 雅志(代表取締役、元株式会社岩崎書店専務取締役)が2018年2月9日に設立をしました絵本・児童書の出版社です。
新しく、小さな出版社ですが、既存の大きな出版社ではできないようなビジネス・スタイルを目指してまいります。具体的には

– 大手書店チェーンと直取引により書店のマージンを確保しつつ返品を最小限に抑えます。

– 良質な絵本を上製本に加え、今まで日本市場にはなかったペーパーバック版で、低価格で読者へ届けます。

– 日本市場のみならず海外市場を意識した作品を企画するパッケージャーを目指してまいります。

– 若手を中心に日本の作家と海外の出版社の橋渡しを、また海外の作家と日本の出版社の橋渡しをします。

– 日本ではまだ確立できていない電子での絵本を図書館中心に展開いたします。

– 電子書籍を初期の段階から意識した作品を企画いたします。

– 「NPO法人 絵本文化推進協会」と絵本読み聞かせの活動を推進し、幼児からの読書の普及を進めてまいります。

理念

無限大の想像力 (imagination unlimited) で「おもいやり」「やさしさ」を

株式会社イマジネイション・プラスはひとを「おもいやるきもち」ひとに「やさしくするきもち」を子どもたちが育めるような絵本・児童書の出版を目指します。
そのために日本国内の作家との作品だけではなく、海外の素晴らしい絵本もご紹介できるようにいたします。

イマジネイション・プラス (imagination +/ press, inc.) の社名は「想像力」に何かをプラスしていけたら、という意味です。
子どもたちの「無限大の想像力」(imagination unlimited) にプラスするものは「絵本」かもしれませんし、
「音楽」「絵画」「生き物」あるいは「自然」「普段の生活」といったものなのかもしれません。

そのような多様な「何か」をプラスして「おもいやり」「やさしさ」のような気持ちに結びついて欲しいと思っております。
そしてそのような気持ちがきっと争いのない平和な世界にもつながっていくと信じて出版の活動をしてまいります。

事業内容

書籍企画、制作、出版、販売

児童書を中心に紙および電子での書籍の出版事業を進めます。紙での書籍は一般書店を中心に、電子書籍は図書館を中心に展開します。

著作権の仲介

書籍著作権の海外への著作権輸出、アニメーション、映像などへの二次的利用のための展開を企画します。

キャラクターの商品化、企画、販売、著作権の管理

絵本キャラクターの権利を活用して商品化、また商品化のための著作権管理を行います。

著者のマネジメント

著名・新人国内著者が海外へアプローチするためのマネジメント、また海外著者の日本国内への紹介をマネジメントします。

イベントの企画、運営

児童書著者他の読み聞かせ、ワークショップなどを企画、運営します。

会社情報

社名
株式会社イマジネイション・プラス
英文社名
imagination +/ press, inc.
設立日
2018年2月9日
資本金
9百万円
代表取締役
乙部 雅志
所在地
104-0045 東京都中央区築地2-11-26 築地MKビル2F

取引先銀行
三井住友銀行 下北沢支店、みずほ銀行 北沢支店

mark

Copyright © 2018?imagination +/ press, inc.?All Rights Reserved